草木のチカラ

サロンドミネブログなんとかなる! 南田緑香

 わたしが毎日散歩する通り道に、老朽化して壊すことが決定している市営の団地があります。
 昭和40年代に建てられた2階建てのコンクリートの住居です。各戸にけっこう広い庭が付いています。
 まだ住まわれている方もおられるので工事は始まっていませんが、部屋が空くと、その後は埋まることがありません。
 雨戸が立てられた部屋が増え、草木が抜かれ、夏の間は黒い雑草よけのシートで庭が覆われます。

 そんな寂しい住宅の庭。雑草よけシートが冬の間に破れ、剥がれ、今、むくむくと草が伸び、花が咲き始めました。
 植物は強い!
 かつての住人が植えた草の根が残っていたのでしょうね。たくましい草花を見ているとなんだか、パワーが湧いてきます。

南田