エグザイルを追いかけて

峰彩花

 先週、北海道の孫娘(兄の孫)が上京しました。
 迎えにいったその足で、お台場の「エグザイル居酒屋」に直行しました。
 今からじゃチケット売り切れて入れないだろうけど、「空気だけも感じたい」とその娘が言うので行きました。
 本来なら行列して番号札もらってからチケットを買うそうですが、並びもせず意外とすっと入れました。孫娘は感激と興奮で涙顔です。
 15~19歳までの若い男8人のグループがちょうど舞台に上がってきて、唄と踊りを激しく動き回るステージを真正面で楽しませていただきました。屋外なので曇りだったけど日焼けして、顔と首がヒリヒリです。

 今月は孫娘にとって、こちらは吉方位でした。方位が良いとスイスイとことが運びます。

 翌々日は中目黒に行き、エグザイルコーヒー店でコーヒーを外で立ち飲みしてから、エグザイルの事務所の前に行って、写真を撮ってきました。
「雰囲気を感じるだけで良い」といいながらも、バチバチ撮ってました。

 余談ですがその娘、エグザイルなら誰でも何でも良しなので、ミーハーなのかと思ったら、自分の服や小物にはまったく関心がなくて、ママの服を借りて来てきた(笑)。
 正面から見ると、さすが若くて可愛いが、後ろ姿はおばさんだよ~。またまた大笑い。