2019-08

鴨下靖令

背すじ凍る

猛暑続きのある夕方に背すじが凍るようなできごとがありました。 食事の準備には少々早い時間、エアコンの効いた部屋で読みかけの本を持ってソファに横になりました。何ページも読まないうちに、背中に痒さを感じて背中に手を回しました。 すると「フニャ」と、なにか柔らかい感触が……。 そう、私がもっとも嫌いな生物、幼虫? 声も出ないまま、一瞬の間にその物体を摘み、床に放り出しました。 「どうしよう?」 家には犬二匹と私だけ。誰も助けてくれない。 「片付けないと!動き出さないうちに!」 だけど、どこに放り出したのか?見えないし、見たくもありません。 「そうだ、掃除機だ」 床を見ないで隅から隅まで掃除機を走らせ、その後さらに電動モップで念入りに清掃をしました。 急いでシャワーを浴びたけど、手にあの感触が残っており、体が凍ります。 なぜ、背中に虫が入ったのでしょう? 外を歩くときは日傘を差しているし……。 考えているうちに気がつきました。 大嫌いな虫を見た瞬間に「きゃーっ」っと逃げ出す私は、幼虫など触ったこともないのに。 なぜ幼虫だとわかったのでしょうか? ...
峰彩花

夏の終わり

東京はまだ真夏の暑さでしょう。 お盆過ぎたらきゅうに朝晩涼しいです。私にはちょっと寒いくらいです。カーディガン羽織ってます。 北海道の小中学校は今週から2学期が始まりました。 『入道雲にのって  夏休みはいってしまった  「サヨナラ」のかわりに  素晴らしい夕立をふりまいて  けさ 空はまっさお  木々の葉の一枚一枚が  あたらしい光と挨拶をかわしている  ………』 高田敏子さんの「忘れ物」という詩です。 北の夏の終わりの情景にぴったりです。 峰
峰彩花

氏神様のお祭り

昔は考えることすらしなかったけど、お盆のお干菓子を見ると改めて、木火土金水の考えが生きているのに感心します。 お干菓子の一番上に赤い色が差してありますが、南は上なので五段団子の天辺が赤です。お団子は家で手作りしますが五行の意味で五段重ねなのかと思います。 お盆がすぎると次はお祭りの準備です。料理や食器を出す準備を手伝いました。 函館に来てから、トイレや部屋の掃除が私の仕事になっています。 朝一番に部屋の掃除を済ませます。 洗濯と掃除と台所の洗い物しても、まだ時間があり、一休みできる。 ここに来ると、不思議と時間がたっぷり使えます。 毎年我が家は氏神様のお祭りの休憩所となります。200人分の食事と飲み物、おやつの準備をします。 「何でこの家ばかりなの?」 うかつにも私が言ったら、 「商売させてもらい生活出来てるのだから、せめてこの位の感謝させて貰うのよ😃」 ですって。なるほどなるほど。納得しました😁 峰
峰彩花

ふるさとのお盆

 おかげさまで台風の影響も受けずに北海道に帰省しました。  台風一過の好天日です。28度で爽やかなんですが、こちらの人達は暑い暑い❗と言っています。  檀家の盂蘭盆で朝から盂蘭盆供養に参列してきました。  お坊さん8人の読経で浄められ、パワーアップできました。  早寝早起き子供達5人の相手と食事世話の生活を思って、こちらに来るまではおっくうで憂うつな気持ちでしたが、すっかり元気になりました😁。東京では暑さのため多少バテしてたのかも。  朝一番に客間の掃除です(人の出入りの多い家なので)。  家族の優しさに(一日数回子供達の移動に付き合わされる)(笑)気持ちが立直りました。必要とされるのはありがたいと感じます。さらに涼しいから元気になります。  東京から北海道は今月、一白方位です。一白の吉方位は健康運やものごとのスタートに効くというけれど、ほんとうですね。 峰
鴨下靖令

名の無い家事

カレンダーを8月に変えて、今月も立秋・お盆と日を追っていると、また一枚カレンダーをめくる日はすぐなのだろうと思います。 梅雨明けとともに熱中症が心配される日が続き、日中はなるべく外出しないようにしていると、家の中にはなんと「名の無い家事」が多いことか! シャンプー等の詰め替え。洗濯物のシミ抜き、ラジオ・時計・懐中電灯の電池替え。次から次へとふだんは見落としていることが多いのです。とはいえ、「今日なにした?」といえるほどの仕事ではないし。 「名の無い家事」に苦戦している女性が多いとニュースで知りました。 鴨下