2020-01-1

南田緑香

易とドラえもん

 ドラえもんが大好きとおっしゃるお客様から「易はドラえもんみたいですね」と言われました。  長い物語の中にこんなエピソードがあるそうです。  あるときのび太はドラえもんといっしょに自分の未来をのぞき、その未来をうれしいと思ったそうです。しかし、気がつきます。 「ドラえもんに助けてもらうと、良いと思っている未来も変わってしまうのでは?」  ドラえもんにあの手この手でピンチを救ってもらっているので助かっています。でも、このままでは、良いと思っている未来が違う結果になってしまうのではないかと悲しくなって、のび太は泣き始めます。  泣きやまないのび太にドラえもんは諭します。 「未来の最終的な結果は変わらないんだよ。だけど、そこにたどり着くまでの途中経過は別の未来になるから、君が感じることや考えることは変わっていくんだ。」 (注:セリフはそのまんまじゃありません。お客様の言葉を要約しました)  そのお客様はこの場面を読んで、子ども心に「ゴールすることより、途中で経験することにこそ価値がある」と発見したそうです。その場面が大好きで、それで易がドラえもんに似ていると教えてください...