方位の象を気にとめて歩く

新宿 占い サロン・ド・ミネ 峰彩花

最近は野菜畑を目的にただ歩くだけではなく、吉方位を見て散歩してます。
東の八白方位日への散歩をした日は、以前から欲しいと思っていた大葉の鉢植えが路地で売ってました。
「わぁーい欲しかったのよ~」と嬉しくなりました。東は緑、八白には植木という意味があります。
東南に一白が回る日、その方角に向かったときは夕方で、電柱で立ちションしている人がいました。これは見て見ぬふりで通り過ぎました。
玄関を開けたらすぐに一白の女性から開業相談の電話がありました。これも東南一白の象ですね。
七赤が南に回る日、その方位へ散歩は、商店街の中に天祖神社やお稲荷様の祠を見つけました。
こんな場所にあったということ、今まで気づきませんでした。
帰宅したとたん、うなぎやアスパラの到来物がありました。
うなぎやアスパラは以前、新茶を送ってあげたお礼として、二人から届きました。南の意味する数は二だし、南を言葉で表すと「礼」でもあります。食い気にご馳走は何より嬉しいです。😃
方位の象を気にとめて歩くと「やっぱりなぁ~」「そうです」「そうだ❗」と、思うような、その方向や星の象にちなんだことが起こることが多いと思います。