三峰神社の白い気守

サロンド・峰 鴨下靖令

 関東最強のパワースポットと言われる三峰神社は狼(山犬)を守護神としてお奉りしており、お犬様と親しまれています。

 数年前、毎月朔日限定で販売される白い気守りをいただきに、秩父の山頂1100mの神社へ行ったことがあります。その日の神秘的な美しさと感動が忘れられません。

 夏の早朝2時起きして秩父へ向かいました。神社の駐車場は4時前には半分以上埋まってました。
 神社の鳥居前にも百人以上の人達の行列ができていて、寝袋やシートを備えが子供達や犬もいます。購入券が配布されたのはそれから2時間後でした。
 三峰神社は鮮やかな色彩と彫刻、早朝の雲海、杉の神木、と美しい見所が数多くあります。敷石に水を掛けると現る龍の姿が浮かぶ光景も神秘的です。
 遠くはありませんが簡単には行けない神社です。当時犬2匹と共にお参りできたのはラッキーでした。現在はペット連れでの参拝ができません(盲導犬・聴導犬・介助犬等の補助犬については可能だそう)。

 先日、一緒に三峯神社にお参りを果たした愛犬、ソルトの具合悪くなり、動物病院へ入院しました。ICUで酸素吸入を受けました。
 休日だった息子が早朝に三峰神社へ出向き、病気快復祈願をして頂き立派なお札を持ち帰りました。
 その後ソルトはお医者さんも驚異の回復をしてます。
 お犬様に願いが届いたのかと神秘的な神社の光景を思い出しております。

鴨下

※三峰神社への交通手段は車かバスしかありません。山深い道は休日などは行くも戻りもできずに渋滞します。白い気守りは住民の方々のために現在、販売を中止しているということです。