2021-10-10

南田緑香

どうしても食べたい

 デパ地下で夕飯の食材買った帰り、上りエレベーターに乗るときにふと横を見たら、好きなおやつの店に珍しく人がいないのに気がつきました。円盤型のふわふわの皮の中に、小豆のあんこが入ったあのおやつ。  どうしても食べたくなりました。エレベーターを上の階で降り、下のエレベーターに乗り換えて売り場に引き返しました。  その間、たぶん1分くらい。  先ほど見たときはまったく人が並んでいなかったのに、戻ってきたときには5人ほどの行列ができていました。これはこの店では短いほうです。いつも待つのが嫌で買いたいけど素通りすることが多いのです。でもせっかく引き返してきたんだし、今日は並ぶことに決めました。  店はガラスで囲まれた小さなスペースで、焼き器が備え付けられています。並んだ人は行列をしながらガラス越しに、焼き機の上のお菓子の生地が焼けてくるようすを見物できるようになっています。  2機の焼き機にそれぞれの職人さんが張り付いて、種を型に流し込んだり、あんこをヘラで生地の上に並べたり。ビデオを早回ししているようにテキパキ動いています。  お菓子が焼き上がる様子を見るのは楽しいものです...