南田緑香

南田緑香 南田緑香
南田緑香

見える化の圧力😁

この写真は、私が家族に対して、毎日最低限キープしたい私の時間を見える化したものです。 子供が自発的に勉強をするようになる「やる気ペン」という新しい文房具の話をネットで読んで、真似して作りました(100均のマグネットホワイトボードとシート状のマグネットで合計220円笑)。 「一週間のうちに、ちっちゃなカードをすべて日付けの枠に貼れないときは、私があなたたちのケアに時間を取られていますから、ちょっとはやる気出して進んで自分たちでできる家事を手伝ってね」 と説明しながら、家族が見える高さに貼りました。 ニコちゃんマグネットは1枚が45分。1時間半で2枚。グリーンが勉強。ブルーが仕事。ピンクが運動。 なんと即効!!確実に自分の仕事の時間が増えたのです! やった!家族への無言の圧力、見える化作戦、大成功〜! しかし、仕事の時間が増えると自分の運動の時間が壊滅。勉強の時間は最初からゼロ。先週もゼロ。これは自分の課題です。 無言の圧力の効き目、いちばんあったのは、家族より自分でした笑。 南田
南田緑香

スズメバチの巣

オリンピックが終わりとともに天候は荒れ、台風が来て去ったとたんに気温が上がっています。 さまざまな試合が行われたのが40度近い酷暑の東京でなくて幸いでした。 また外国からのお客様を乗せた飛行機が、台風をかわして東京を飛び立つことができてよかったと思います。 オリンピックの期間中、私の家では事件が起こっていました。 テレビを置いている後ろの窓の外にやたらと虫が飛んでるなあと思っていたら、居間の窓の戸袋の中にスズメバチが巣を作っていたのです。 駆除業者に来てもらって戸袋から巣を掻き出してもらったら、直径15センチくらいになっていました。綿に包まれた幼虫一つ一つの部屋が巨大で、いまや成虫になる直前だと言われました。二週間遅かったら、もっと巣が大きくなりハチの数も増えてたいへんなことになっただろうと業者の方に教えていただきました。 巣の中央の部屋20個ぐらいは空になっていました。もう巣立ったハチのものだそうです。 駆除は1時間ほどで終わりましたが、薬を入れたときに逃げ出したハチが巣の様子を見に戻ってくるから、待ち伏せて捕まえなくてはいけない、と業者さんはその後1時間ほど見...
南田緑香

ちっちゃな栗ぼう

 最近は朝、目覚めたらすぐに散歩するようにしています。晴れた日中は日差しが強くて暑いし、1日が始まってしまうと出そびれることが多いので、いろいろ試したけど、私には朝散歩がいちばん合っているみたいです。  早足で歩くと体にとても良いと聞きました。サーキットトレーニングというそうです。3分間早歩きをして、少しスピードを緩める。これを3〜5回繰り返すのだそうです。  スタート時は早歩きする気でスピード上げているのですが、やがてすぐに、いろいろなものが目に入り、「じっくり見たい」という欲望に負けます。ポケットのスマホを取り出して写真をとるためにちょくちょく立ち止まってしまいます。ですから、私の散歩は立ち止まってばかり。トレーニングになりません。  通りがかりの栗林で、あ、っと気がつきました。  勢いよく茂った葉っぱの根本に、ちっちゃなトゲのついたかわいい緑の丸いもの。これって、大きくなる前の栗の実じゃないでしょうか?  写真に収めようとスマホを構えました。息を詰めて姿勢を固定しますが、そよ風が吹いています。枝も葉っぱもちっちゃな栗ぼうも揺れて、なかなかシャッターチャンスがきま...
南田緑香

見渡せるホームドア

乗り換え駅のホームにドアが設置されました。 この駅で新宿方面行きに乗る場所はいつも最後尾と決めています。 新宿駅で新南口が仕事場にいちばん近いという理由もあるけれど、このホームの最後尾は、ちょうど道路の真上に当たります。 電車を待つ間、駅前の広場が見渡せるのです。風景はジオラマを見ているようで、人や車が行ったり来たりするのを眺める時間が大好きだったのですが、ホームドアの設置工事がはじまったときに、 「ああ、もうこの景色が見られなくなるな」 と、少し残念な思いでした。 完成したドアをみた朝、嬉しくなりました。 なんという気遣いでしょう! これなら景色が見られます! しかも天気が悪い日は雨風が直撃で、電車を待つ間まるで修行のように凍えていたのですが、きっとこれからはこの壁が雨除け風除けになってくれるでしょう! 南田
南田緑香

すみれにジ〜ンとしながらストレッチ

週に2回ほど、往復4kmの散歩をします。 途中に立ち寄る公園があります。時間があるときは、足を止めて、ストレッチをすることにしています。 公園の真ん中にある遊具に足を上げて、膝の後ろを伸ばしながら前屈したら、目の隅にちらりと紫の小さな点が動きました。 あっと思って足を降ろして、地面に顔を近づけてみたら、足を載せていた遊具の石垣の隙間にすみれが咲いていました。 どうしてこんなところに根付いたのでしょうか?周りに同じ花は全く生えていません。ポツンと1株だけ。それもものすごく小さい。薄い花弁が風に揺れています。 野花には、花壇に植えられた花のような華やかさはありません。しかし、凄まじい強さを感じました。 自由に場所を選んで、自由な時を選んでみごとに花開いた姿。ちょっとジ〜ンとしてしまいました。 南田
南田緑香

洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)

散歩をしていたら、ヨウシュヤマゴボウの実がたわわに実っているのを見つけました。 山の中ではありません。住宅地の道路です。住人がいなくなったお家の庭に雑草が育って、お家の前の道路にまで草がにょきにょき。玄関の塀の脇につややかな赤紫の実がぶら下がり、とても美味しそうに見えました。 たちどまり眺めているうちに一粒採って味見してみたくなりました。 その前に「ちょっと待てよ」と、スマホでパチリとスナップ撮って、調べてみたら! ヨウシュヤマゴボウには、すべての部分に毒があり、とくに実と根は危険だそう! 食べると嘔吐、下痢、重度の腸疾患を引き起こすこともあるそうです。 味見する前に調べてよかったです。 (ちなみに洋種山牛蒡と書くそうです。スマホで調べるまで「ヨウシューヤマゴボウ」だと思っていました) 近所の子供が食べてしまわないか心配だと、友人に話したら、ヨウシュヤマゴボウのことは小学校で習うそうです。 わたしが知らないだけでした(笑)。 南田