南田緑香

南田緑香 南田緑香
南田緑香

洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)

散歩をしていたら、ヨウシュヤマゴボウの実がたわわに実っているのを見つけました。 山の中ではありません。住宅地の道路です。住人がいなくなったお家の庭に雑草が育って、お家の前の道路にまで草がにょきにょき。玄関の塀の脇につややかな赤紫の実がぶら下がり、とても美味しそうに見えました。 たちどまり眺めているうちに一粒採って味見してみたくなりました。 その前に「ちょっと待てよ」と、スマホでパチリとスナップ撮って、調べてみたら! ヨウシュヤマゴボウには、すべての部分に毒があり、とくに実と根は危険だそう! 食べると嘔吐、下痢、重度の腸疾患を引き起こすこともあるそうです。 味見する前に調べてよかったです。 (ちなみに洋種山牛蒡と書くそうです。スマホで調べるまで「ヨウシューヤマゴボウ」だと思っていました) 近所の子供が食べてしまわないか心配だと、友人に話したら、ヨウシュヤマゴボウのことは小学校で習うそうです。 わたしが知らないだけでした(笑)。 南田
南田緑香

夏が終わったのを感じました

9月1日より、サロン・ド・ミネは営業を再開いたします。 営業時間は11時30分から17時30分です。 皆様のお越しをお待ちしております。 (o^^o)♪ (o^^o)♪ (o^^o)♪ (o^^o)♪ (o^^o)♪ 土曜日の夜、テレビで大曲の花火が上がった模様が放送されました。 真っ暗な画面に部屋の情景が写り込んでしまうのが残念で、明かりを消して部屋を真っ暗にして家族で楽しみました。 大曲の花火は「全国花火競技会」といい、各地の花火師たちの腕の競い合いです。 花火会社の名前と作品の名前が読み上げられてから、尺玉が一発づつ打ち上がる試合のような形式で進みます。 上がり方や開き方、音、色、余韻などをじっくり味わうことのできる発表会は独特なテンポで、厳かさを感じます。 コロナウィルスの影響で今年の大会は催されなかったのですが、テレビ中継のために特別に花火が上がりました。 今年は社名と作品名の他に、花火師さんたちからのメッセージが読み上げられました。 ちょっと照れくさいような垢抜けてない文言(失礼ながら)なんですが、花火師さんたちが一生懸命考えたのだろうなあと...
南田緑香

ブルーベリーのシロップかき氷に練乳オン

最近、かき氷が楽しみです。 最近のかき氷は「ふわふわ」です。 一昔前の縁日で食べたしゃきしゃきのかき氷とはまったく違う食感です。 氷を薄く薄く削っているからか、「え?」っと思うくらいてんこ盛りで登場するのですが、軽い食感なので、あっという間に食べてしまいます。 新宿の新南口の虎屋でもかき氷が始まりました。 カフェ形式なので席に着く前にレジで注文します。 メニューを差し出して下さったお店の方に「ご自身は、どれがいちばん好きですか?」と聞いたら、 「私はブルーベリーに練乳をトッピングして食べるのがいちばん好きです」と教えてくださったので、 おすすめを頼んでみました。 こちらのお店のかき氷はまん丸でなく、高さそびえ立つ鋭角の三角形です。ブルーベリーのソースは明度が低く、氷がじゅわ〜っと黒く染まっています。端っこでつやつやあんこがまちかまえています。 追加した練乳は小さなカップに入って添えられているのですが、何も考えずに食べる前に上からトローっとかけたら、表面の氷山をつるつる滑って、あっという間に下のトレーに半分くらいこぼれてしまい慌てました。 指ですくって舐めた...
南田緑香

足が衰えてます(ノ△・。)

今朝、新宿に来るときに、JRの駅の階段がしんどく感じられ「まずい」と思いました。 足が衰えています。 今月から都内に出掛ける機会はこのサロンも含めて週に2回になりました。 先月も先々月も、ずっと自宅にこもって仕事していました。 自粛期間中はまだ時間の余裕があり、毎日散歩ができていたのですが、緊急事態宣言が解除されたあたりから仕事の量が増え、時間に追われるようになりました。パソコンの前にすわりっぱなしの2ヶ月を過ごしてきたのでした。 それに加えて、このところ天気も良くないので、買い物も車です。もう家にいっぱなしです。 7月が終わると、パソコン人間から、またもとの暇人に戻れます。忙しいのもあと20日! はやく散歩を再開したいです。 それよりも、雨雲前線、どこかへ行って欲しいです。 南田
南田緑香

雨の音を聞いてます

平屋の一軒家に家族と住んでいます。 築50年以上たつ、ちっちゃな家です。 雨の日は家中どこにいても、屋根に当たる雨音が聞こえます。 わたしは家の西側の2部屋を使っています。 玄関に面したフローリングの部屋で仕事場をしています。 庭に面した部屋は建てた時のままの作りで畳敷きの和室です。 状況や季節に応じて、板の間に組み立て式のベッドを置いたり、和室に布団を敷いたりして眠っています。 寝る部屋によって、雨の音が違います。 屋根の形によっても風の向きによっても、雨の音は変化します。 雨音の強弱で雲の動きが想像できる日もあります。 静かな雨の音のときは、パソコンでの仕事がはかどります。 マンションに住んでいた時代は欠かせなかったBGMが、今はまった必要なくなりました。 雨音が心に優しくありがたい日もありますが、激しい雨が続くと恐怖感が膨らみます。 熊本県、鹿児島県の豪雨で、被害に遭われたり、今も不安なお気持ちでおられる方のニュースを耳にして、 梅雨前線、早く切れてくれ〜っと、祈っています。 南田
南田緑香

掘り立ての筍

朝散歩していると、犬の散歩の方とよく挨拶をかわします。 昨日は、竹やぶからひょいと現れたベルちゃんのお父さんから、筍をプレゼントしていただきました。 お名前は知りません。わんちゃんの名前だけ伺ったことがあり、それ以来ずっと「ベルちゃんのお父さん」です。 「今掘ったばかりだから、焼いて食べられますよ」 花束みたいに抱いて帰りすぐに調理しました。 採りたてを焼いたのを薄くスライスして、朝食のテーブルに出しました。 わさび醤油で食べたら、濃い香りが鼻いっぱいに広がりました。 今年は筍が当たりの年でした。ほうぼうから筍いただき、楽しい春を味わいました。 食べているときは自粛期間中なことをつかの間忘れてます。 いい天気だと散歩できるから嬉しいです。 南田