後藤こうれい

怨みを捨ててこそ解くことを得

悶々と考えていたある日、近所のお寺の前を通ってはっとしました。  怨みは怨みによって  果たされず  怨みを捨ててこそ  怨みを解くことを得(う) と書いてありました。 墨書きの字の張り紙です。 いつもは見過ごしている風景の一部なのに、なぜかそのときは書いてあることが心に響いてきました。 恨みは自分でしか解決できないし、 心は自分で変えようとしなくては一生変わらない。 楽になるには、まず、自分が変わらなくてはなりませんね。 後藤
鴨下靖令

生命の息吹

 桜並木の枝先がピンク色を帯びてきました。  今日の雨が木の芽起こしとなって、もうすぐ桜色に染まった街に変身するのでしょう。  我が家の猫の額ほどの庭にも季節を忘れずに、スミレや早咲き桜が遠慮気味に咲き始めました。  春はいちばん感じられ、明るい希望に胸を膨らませている方がも多いのでないのでしょうか?  そのようなこの時期、世界じゅうが「新型コロナウィルス」の感染にドキドキの生活を過ごしております。  今自分にできることは、マスク着用、手洗い、人ごみに出かけない等々。  少しのあいだ自粛していたら、春爛漫の美しい世界に迎えられると願いたい。  桜吹雪の頃に皆様にお目にかかれますように。 鴨下
峰彩花

ベコモチ話

北海道道南地区の目出度い祝餅(ベコモチ)和菓子です。 米粉で作り白黒砂糖の甘い餅です。 飽きない味覚ですね。 本来は男の子節句に茶色白色の餅を木の葉型に容れて型取りして作ってました。 昔はお菓子がなかったのでこの様なベコ餅で祝ったと聞いてます。 最近はヨモギを加えて作ったりしています。 若草の香りでパクパク三個は簡単に食べれる旨さですね~☺️ また、禅宗の供養には、黒砂糖と白砂糖の二色で作ります。束ねてお供えします。 これは、鯨餅と言います。 手作りの心をお供えするという意味です。 昔は端午の節句を主に作ってましたが、今はお誕生日や雛祭り用に柄を変えてカラフルに可愛く作ってます。 彩りも豊かでアートのような餅に進化しました。 花型、動物型、人形、お雛様型等を作って楽しみます。 まるで金太郎飴のようでしょう。 このカラフルな模様絵型を作る人物は森町でもわたしの実家の義姉しかいません。 貴重な餅です。 孫や周りの人達に講習して繋げようと頑張っております。 毎朝食に私は欠かせない。 味も絶品で、これまた飽きないから不思議ですねぇ。 このベコ餅...
南田緑香

わたしのひな祭り

手芸が得意なお友達にいただきました! ちっちゃなちっちゃな雛人形。 お孫さんの初節句だったのですが、友人はパパのママ。 お雛様がプレゼントできなかったので、片隅に飾れるように、 ハンドメイドでミニチュアの着物と、この小さな雛をセットでチクチク手作り準備してました。 本気の制作なので試行錯誤、試作品がいっぱいできた。 その中の一対を譲っていただきました。 これいただいたので、これからもいいご縁があるんじゃないかしら。。 と、わくわくしています。 我が家の庭の桃の花も開き始めました。 世の中いろんなことがありますが、なんとかなるさあ。 元気がわいてきます。 南田
サロン・ド・ミネからのお知らせ

心よりお見舞い申し上げます

新型コロナウィルス感染拡大で日常生活に影響を受けられておられる皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 治療に関わっておられる皆様に、心より敬意を表します。 日本の医療を信じて生活したいと思います。 このたびの感染防止対策に準じまして、サロン・ド・ミネは3月2日(月)〜7日(土)までを休業とさせていただきます。 8日(日)から通常営業いたします。 どうぞ皆様、健康に注意されてお過ごしください。 峰
峰彩花

「くにちゃんと食べる」

「くにちゃん(わたしのこと)と食べる」  そう言って、毎週土曜日に姪の子供たちがお弁当を持って昼に来ます。  昼を食べた後、「だいじょうぶだいじょうぶ!」と言って、母親だけ追い返してしまうのです。そのまま遊んで4時頃まで帰ろうとしません。  4月に小学校に入学する 上娘はしっかりしていて会話が成り立つので、わたしもついついおしゃべりに夢中になると、下の娘がやきもちを焼いて、服を引っ張ったり「何か食べたい」と言いながらベタベタ甘えてきます。  何が良いのか二人とも「楽しい楽しい」と言ってわたしのそばを離れないのです。  土曜はわたしが息子達の食事作りをします。女子たちに包丁で野菜を切ったり、鍋のものをヘラでかき回したり、料理の手伝いを頼みます。それも楽しいらしいです。  先週は肉団子作りを頼んだたら、丸くできて上手でした。 峰