峰彩花

男の友情

 小雨の日、自宅から駅へ向かう道中、大学生男子同士の思いやり溢れる場面に出くわしました。  前から歩いてきた3人組、中の一人がへっぴり腰で怪しい動きをしているので、 「あれ〜非常事態なのかしら?」 と、思いました。  そしたら2人の友達が、 「あの木の下で座ってしたらいいよ。オレ、前に立って傘で隠してやるよ」 とか、 「人が来ないか見ててやるよ」 と話しています。  男の友情か?だけど、ここは商店街。人通りも多いし、いくら木の陰でもこっそりは無理だべぇ〜。 「あと20m位先にいくとスーパーあるから、そこのトイレは安心でしょう」 と、教えてやりました。 峰
峰彩花

たくましいハイハイ

 新宿駅で私鉄を降り仕事場に向かう抜け道中に、けっこう急で長いのにエスカレーターがついていない階段のみの場所があります。そこでたくましいママと赤ちゃんに出会いました。  ママがバギーを左手に持ち、一歳過ぎの女の子を抱いて階段を登ります。階段の途中で女の子だけを降ろしました。その女の子、たくましいのよ。  階段を四つ這いになってハイハイしながら一段一段、せっせと登るのです。  ママがバギーを持って上まで先に行き、また下りてくるその間に、女の子は半分くらいまで自力でにこにこしながら登っていきます。わたしは万が一赤ちゃんが落ちないように、下の段で赤ちゃんをガードしながらゆっくり歩きました。周りの通りがかりの人も、たくましくて可愛いい赤ちゃんをにこにこしながら横目で見て歩いています。  このママ、太っ腹です。普通なら手が汚くなるとか服が汚れると嫌がると思うのですが、ママはすごいね〜えらいね〜とほめてほめて、赤ちゃんは結局上までハイハイで登ってしまった!  すごいすごい!と、わたしも思わず拍手してしまいました。 峰
峰彩花

被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます

 台風19号は中部、関東、東北と広い範囲に大きな爪あとをもたらしました。  この度被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。  1日も早く普通の生活に戻られることを心からお祈り申し上げます。  わたしは現在一人暮らしですが、こともあろうに先週からテレビがつかなくなってしまいました。電波障害による故障ということでしたが、なかなか修理に来てもらえませんでした。  わたしは料理をするときも読書のときにもテレビをつけているながら族です。  かわりにラジオをつけてみましたが、テレビとはどうも勝手が違うのです。同じつけっぱなしでも、テレビの音だから集中できるのだとわかりました。  そんな週末、台風の1日も家で独りきりでした。  あまりに静かすぎる気がして我慢できなくなり、夜7時頃になって、強くなる雨風の中散歩に出てしまいました。  商店街を歩くとコンビニさえ閉店していました。でも街灯は灯っていて、ぽつりぽつりと人が歩いているのを確認したら、心からほっとしました。  家に帰って9時に床につき、今朝は5時半にお腹が空いて目覚めました。  明るくなってはっと気がつき...
サロン・ド・ミネからのお知らせ

10月12日(土)台風のためお休みいたします

10月12日(土)は台風による影響を考え、お休みいたします。 あちら、こちらで被害が出ないことを願っております。 みなさま、安全を第一にお気をつけてお過ごしください。 サロン・ド・ミネ
峰彩花

南瓜コロッケ

 このあいだの休日は午後3時ごろからコロッケを作りました。ジャガイモ10個と南瓜半分の皮をむいて、蒸して、潰したら、できたコロッケは50個になりました。  ぜんぶをいっぺんに揚げたら、胸焼けしてさすがに疲れました。  南瓜の皮はスライスチーズで巻いて揚げました。(あとで、揚げたてを届けた人から、これが旨いと喜ばれました。残念ながらこの日届けられなかった人からは「揚げたて美味しいでしょうね〜」との声)  お世話になっている子供達がいるお宅に、秋刀魚を煮たものといっしょに差し上げました。  翌日お世話になっている社長さんに弁当として差し入れようとしたら、会社で打ち合わせがあり、ランチは来客と食べたいというので、コロッケ25個に酢の物を付けて持たせました。 形が悪いのは私の分。  休日とはいえ、午前中に買い物に行き、眼科に寄って、月末の用事を済ませて帰宅し、午後からは台所に立ちっ放し、とても忙しい一日でしたが、おかずを作って喜ばれるのは嬉しい楽しみです。 峰
南田緑香

金木犀の香り

今朝、サロンに出勤するとき、駅のホームで列車を待っていたら、どこからともなく金木犀の香りが。 「もう、そんな季節になったんだな〜」 そういえば、すっかり涼しくなりました。 しかし、この駅のホームに、金木犀を植えてあるスペースなんてあったかしら? 香りの出元を探して首をまわしたら、あれ? なんと、隣に立っている男性が噛んでいるガムの匂いでした! 一瞬、深まる秋を満喫しました(笑)。 南田